識育コーチングについて

 「自分を識り、氣づきで生きる」
( Self with Mindfulness, Life with Awareness )
 
外的世界で起きていると思っていることも
氣づけばこんな流れになっていると思っていることも
自分の深くに在る「曖昧な感覚」と繋がっているのかもしれない。
 
どんどん掘り下げていくと
そこには必ずただ光が輝き風が吹いている。
意味も記号も無い
誰のためとか何かのためでなく
もっと無垢な感覚が在る。
 
其処にはじめて触れるとき
今まで分断されていた何かが統合される感覚とともに
しばしば意味不明な涙が溢れる。

心の深くにある何かと共振する。
 
それは単なる「自分軸」でなく
「全体軸」とも表現したくなるような
もっと根源的でゆったりした豊かな感覚。
 
その感覚とともにリアリティを豊かに感じることを
「自分を識る(Self with Mindfulness)」
その感覚とともに生きることを
「氣づきで生きる(Life with Awareness )」

識育コーチング
ではそのように定義しています。  

識育コーチング®概念図のご紹介

〜マインド(思考)、ボディ(身体性)、スピリット(精神性)〜

識育コーチングでは、『意識』を単なるマインド(思考)ではなくボディ(身体性)を伴った現象的なシステムとして、両者を孕む場(フィールド)をスピリット(精神性)として捉えます。

 この概念図は、意識構造を探求するなかで仮説として探求し続けている暫定的な概念図に過ぎません。明日になれば全く異なる仮説を設定しているかもしれませんが、識育コーチングの全体像をご理解頂くためにご紹介しています。
 
 様々な形態を伴った森羅万象が交差する「体験の場」を中心に、局在レベルの共創ステージ、共成レベルの生成ステージ、共存レベルの遍在ステージへとマインドもボディも拡張していく可能性の場(フィールド)のなかに『意識』を観ようとします。

 マインドによる知識が過度に先行するとボディによる実践知の可能性が制限されるためリスクが伴うため、意識の構造に応じた関わり方を重視します。

 ロバート・キーガン米ハーバード大学教育大学院教授による発達理論(主体・客体理論)における主体と客体のゆらぎは、この概念図においては「社会的ステージ」としてマッピングしています。
 
日本における発達理論の草分け的存在である加藤洋平氏の 「発達理論の学び舎」で紹介されている、ロバート・キーガンの発達理論を見事に説明している動画を以下にご紹介します。

 


自己群のコンステレーション(constellation)

〜自分は、たくさんの自己で構成されている。まるで銀河のように〜

識育コーチングでは、「自分」を、たくさんの自己で構成されている銀河のように捉えます。自分自身を理解し易くするために、文脈的自己、状況的自己、それらを観察している観察自己、エゴ(自我)、シャドウ(影のような自己)の5つをモデルとして用意しています。それが真実であるように主張するつもりは全くありません。これらのモデルは、単に自分自身を知るきっかけとして用いるモデルに過ぎません。
 


識育コーチングの四象限モデル「氣づきの輪」

〜精神論でなく、実践知(Practical Wisdom)のフレームワークで意識を育む実践的な支援〜

「今ここ」で生起している現象を微細な感覚で認知し、自分がどんなフィーリングを感じ、何を想い、何を意図(ビジュアライゼーション:内的結晶化)して、どのような言動で他の存在に影響を及ぼし、何をどのように観察するか、という一連の自分自身の「いとなみ」を自覚した上で、その瞬間に完全に自己一致した柔軟な選択によって縁起(縁として起こっていること)を生かすようなプレゼンス(存在)に向かっていくために、具体的なフレームワークを用いてバランスのとれた実践知を支援します。

 私たちは、このモデル図の中心に小さな円として描かれている「意味のシアター」を純然たるリアリティとして経験しています。「意味のシアター」は、五感覚を経由する「外的な刺激データ」とその刺激データから想起された内的な「刺激データ」とを投影したフィクションなのかもしれません。

 意識の発達に伴う主体・客体の振動、資質や習慣による内的・外的の偏在、による意識のアンバランスの自覚を促進させるモデルです。ここで留意したいのは、中立性を矯正するものではないことです。自分の今のバランス状態や世界観を自覚し、主体化・客体化を自由自在にできる意識を育むためのモデルです。

 


アドバイザリーボード 

 
アドバイザリーボードは、社外の有識者から各種専門領域のご意見を賜ることを目的として設置するものです。識育コーチングのさらなる成長と健全な事業運営に生かしてまいります。
 
ボードメンバー (五十音順、敬称略)
 
「知性発達理論・知性発達測定」を専門領域として国内外でご活躍の加藤洋平さんをボードメンバーとしてお迎えしました。



加藤洋平氏
発達理論の学び舎主宰

略歴
 東京都御茶ノ水生まれ。小学校から高校まで山口県光市で過ごす。

 最新の成人発達支援の方法論によって、企業経営者、次世代リーダーの人財育成を支援する人財開発コンサルタント。知性発達科学者として成人発達に関する学術的な探究にも従事(2016年8月より、オランダのフローニンゲン大学に所属)。

 
 一橋大学商学部経営学科卒業後、デロイト・トーマツにて国際税務コンサルタントの仕事に従事。退職後、米国ジョン・エフ・ケネディ大学統合心理学科修士号を取得。ハーバード大学にて成人教育の権威ロバート・キーガンおよびリサ・レイヒーの下で、自己変革・組織変革モデルである「Immunity-to-Change」のファシリテーター・プログラムを修了。成人発達理論の大家オットー・ラスキー博士に師事し、発達測定の専門家としての資格を取得。Integral Coaching Canada Incにて、最新の発達理論に基づいたプロフェッショナル・コーチングの資格を取得。

 人財開発コンサルタントとして大手製造業の新事業開発プロジェクトに参画し、メンバーをマインド面からサポートするため、ラーニングセッションや成長支援コーチングを提供。知性発達科学の知見に基づいて、日本企業の自己変革・組織変革による事業成長を支援している。
 
出版書籍

 
翻訳書(2015年1月出版) 

 
活動実績

  • 麹町アカデミアでの発達理論ゼミナールの提供
  • 大手上場会社への発達理論ワークショップの実施
  • 大手上場会社への自己変革ツール「ITCマップ」作成ワークショップの実施
  • 大手上場会社への人材育成コンサルティングの実施
      

代表プロフィール




識育コーチング研究所 代表 立石慎也


 創業16年目を迎えるパフォーマンスデザイン有限会社 代表取締役社長。企業向け人材開発・組織開発、個人向け人材開発のほか、青山大学経営学部 臨時講師(文科省認定授業 グローバルリーダー、コーチング担当)等でコーチング普及活動にも関わる。

 経営者、中小企業幹部、プロスポーツ選手、プロアーティスト、映画監督、漫画家、作家、画家、俳優、ミュージシャン、書道家、トップセールスパーソン、経営コンサルタント、研修講師、NLPトレーナー、弁護士、司法書士、専業主婦、サラリーマン、OL、学生、児童等のクライアントにやコーチング、各種コンサルティングを行っている。 


 和歌山県新宮市生まれ。横浜市青葉区在住。出逢いから四半世紀以上の家内、10歳(女児)、13歳(男児)の4人家族。

 


取得資格等
 
 心や脳機能科学分野(NLP)にはじまり、自己実現(NLP+ISNS)、パーソナルコーチング、エグゼクティブコーチングなどを中心に学ぶ。
 

  • 2007年~2010年 IANLP認定(スイス) NLP Practitioner(by Rechard Bolstad)
  • 2007年~2010年 INNLP認定(アメリカ) NLP Practitioner(by Rechard Bolstad)
  • 2008年   深層心理技法指導講座 修了
  • 2008年   Coaching with NLP修了(by Joseph O'Connor)
  • 2008年   ICC(Ineternational Coaching Community)国際認定コーチ資格取得講座受講・認定(by Joseph O'Connor)
  • 2009年   ICC国際認定コーチ資格取得講座再受講(by Joseph O'Connor)
  • 2009年   ISNS Training on Self-Actualization Psychology 修了(by L. Michael Hall,Ph.D.)
  • 2009年   Mastering Healing 修了(by Rechard Bolstad)
  • 2010年   Mastering Language 修了(by Rechard Bolstad)
  • 2010年   ICC国際認定コーチ資格取得講座再受講(by Joseph O'Connor)
  • 2010年   Supervision for Coaches 修了(by Joseph O'Connor)
  • 2010年   ICC国際認定エグゼクティブ・コーチング・モジュール/ビジネスコーチ資格取得講座アシスタント(by Joseph O'Connor)
  • 2011年   ICC国際認定エグゼクティブ・コーチング・モジュール/チームコーチ資格取得講座アシスタント(by Joseph O'Connor)
  • 2011年   ICC国際認定コーチトレーナー(師範)資格取得(by Joseph O'Connor)
  • 2011年   ICC国際認定エグゼクティブ・ライフ・バランスコーチ資格取得(by Joseph O'Connor)
  • 2011年   ICC国際認定エグゼクティブ・コーチング・モジュール/リーダーシップコーチ資格取得講座アシスタント(by Joseph O'Connor)
  • 2015年   ICC国際認定エグゼクティブ・コーチング・モジュール/チームコーチング・トレーナー資格取得(by Joseph O'Connor)